第48回 顧客管理アプリで一元管理(2)


コラム 経営 作成日:2020年3月10日

経営者が自分で作る簡単データベース

第48回 顧客管理アプリで一元管理(2)

記事番号:T00088751

<登場人物>
ワイズシステム総経理 宇都宮武則

本コラムの筆者。

台湾S電工 山田新一総経理
1978年千葉県生まれ、上場企業S電工の営業企画課長から2018年に台湾S電工の総経理として初めての海外駐在。

 台湾S電工の会議室、今日は土曜日なので社内は静まりかえっています。

 山田総経理と宇都宮は、先日作成した納品情報アプリと保守メンテナンス情報アプリの情報を、顧客管理アプリの中に埋め込んで見られるように改造しています。

 山田総経理はサイボウズ社の簡単データベース「kintone(キントーン)」の顧客管理アプリの開発画面を開くと、納品情報アプリから情報を表示させる作業に入りました。

/date/2020/03/10/48a_2.jpg図A フィールドの一覧

山田:他のアプリから情報をひも付けるには、この「関連レコード一覧」でしたよね。

 そう言うと、開発画面の左側にあるフィールド一覧を指さしました。

 宇都宮はパソコンをのぞき込みながら「そうです」とうなずきました。

 山田総経理は「関連レコード一覧」をドラッグして顧客管理アプリの「活動履歴」の下にドロップしました。名称を「製品納品情報」としました。

/date/2020/03/10/48b_2.jpg図B 関連レコード一覧をドロップ

 続いて、関連レコード一覧の設定を行います。

ひも付ける項目と条件を設定

宇都宮:間違えないように、上の項目から1個ずつ2人で確認しながら設定しましょう。

/date/2020/03/10/48c_2.jpg図C 関連レコード一覧の設定

山田:まずは「参照するアプリ」ですね。アプリの一覧表示の中から納品情報を選択しました。

宇都宮:次は「表示するレコードの条件」です。顧客管理アプリに持っている項目と、納品情報アプリに持っている同じ項目をひも付けます。

山田:お互いの顧客名をひも付けました。

宇都宮:その通りです。続いて「さらに絞り込む条件」は、今回はありませんので、全てのレコードのままでいいです。

山田:必要に応じて絞り込む条件を設定すればよいのですね。

宇都宮:そして「表示するフィールド」です。納品情報アプリに持っている項目の一覧が表示されますので選択します。

山田:2個表示させたいです。納品内容と納品完了日にしました。

宇都宮:「レコードのソート」は、すなわち並び順です。

山田:新しい情報を上から表示したいので、降順にします。

宇都宮:設定が終わりましたね。では保存を押してください。

山田:押しました。アプリの更新も忘れずに…と。完成で~す!

宇都宮:では、顧客管理アプリを開いて正しく表示されるか確認しましょう。

/date/2020/03/10/48d_2.jpg図D 顧客管理アプリの納品情報

 山田総経理は、顧客管理アプリに表示された情報(図D)と納品情報アプリに登録されている情報(図E)を比較し、「正しく表示されました」と言いました。

/date/2020/03/10/48e_2.jpg図E 納品情報アプリの一覧画面

宇都宮:はい、大丈夫ですね。納品情報を表示することができました。

【kintone無料お試しのお申し込み】
「kintone無料お試し希望」とご記入の
上、お申し込みください。
チャットワーク:https://www.chatwork.com/ys-utsunomiya
メールアドレス:t-utsunomiya@ys-consulting.com

宇都宮武則

宇都宮武則

コンサルタント

ITベンダーにてプロジェクトマネージャとして50社以上のシステム構築に携わりました。ITに関わるお悩み事を幅広くサポートいたします。ワイズシステム総経理。

経営者が自分で作る簡単データベース

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。