79話 第126回大会 馴染みコースでも得意コースではない!


コラム 台湾事情 作成日:2020年7月16日

ワイズ杯ゴルフレポート

79話 第126回大会 馴染みコースでも得意コースではない!

記事番号:T00091070

 長らくお待たせいたしました。ワイズ杯ゴルフコンペは台湾の新型コロナウイルスの影響を◯(まる)と判断し、6月より正式大会を復活させました。

 皆さま、こんにちは。ワイズコンサルティング佐藤でございます。

/date/2020/07/16/20golf2_2.jpg北投国華ゴルフ場

 先日、とある友人とゴルフをする機会がありました。彼が持ってきたクラブは、なんと4本。ドライバー、7番アイアン、ピッチング、そしてパター。通常サイズのキャディーバッグの中はスカスカです。「忘れたの?」の問いに彼の答えは、「使わないし、これで充分」。

 「じゃあ、2打目で200ヤード残っていたら?」「7番アイアン」。「150ヤードだったら?」「7番アイアン」。「120ヤードだったら?」「7番アイアン」。

 「えぇっ。なぜなの?」素朴に聞いてみたところ、「1本のクラブが全部の仕事(ショット)をしてくれれば、自分が楽だし、そのクラブがより上手になると思って。私は昔からこのスタイルだし…」。

 「それは否」と考えた私は「ゴルフクラブ、特にアイアンが細かく分かれている理由と次の仕事(ショット)をする専門的なクラブがあるから、考えたゴルフができ、楽しさや醍醐味(だいごみ)が味わえるのでは?」加えて「成績も必ずついてくるから…」と彼に諭しました。

 当日の彼のスコアは110+α。クラブをその得意分野に合わせて分業させれば100切りも実現する雰囲気でした。不得意な役割までも1本のクラブに背負わせるのは、楽しいはずのゴルフをかえって難しくしているのではないかなぁ。複数あるクラブの専門性を生かして、使用者がマネジメントを考えるから良いのではないかなぁ。

 ビジネスをゴルフクラブと結び付けるわけではないのですが、「台湾では昔からこのようにしていた」「新しい手法は台湾人には合わない」こういった保守的な声を払拭(ふっしょく)する機会がついに来ました。

 弊社ワイズコンサルティングでは7月22日(水)に「~経営スピードが上がる~台湾拠点のデジタル化促進セミナー」と題し、オンライン形式のセミナーを開催いたします。詳細はこちらにて確認ください。
https://www.ys-consulting.com.tw/seminar/90630.html

 なお、本セミナーはアイアンの使い分けをお伝えするセミナーではありませんこと、ご容赦願います。

気持ちが乱れる苦手なホール

 今回は6月20日(土)に実施いたしました「第126回ワイズ杯ゴルフコンペ」についてご報告をさせていただきます。初参加者3名を含む総勢14名参加での開催でございました。

 会場の北投国華ゴルフ場(新北市淡水区)はワイズ杯ゴルフでも年に数回利用しております。加えて別のコンペを含めると年に10回以上はプレーをする筆者にとって比較的馴染(なじ)みのコースです。

 お察しの通り「馴染み」と「得意」は異なっており、決して良いスコアが出るコースではございません。台湾一といっていいほど苦手なコースがございます。インコース11番パー3のショートホールです。

 この日はアウトコースからのスタート。北投国華ゴルフ場は慎重かつ堅実なプレーが求められます。日頃の豪快さ(?)は捨て去り、堅くまとめアウト(前半)終了。

 さてインコースです。この時既に2ホール先の11番の恐怖に包まれていました。手前の10番ホールは明らかに集中力を欠き、痛恨のダボ。いよいよ11番。キャディーさんいわく、距離は140ヤード。30メートルはある打ち下ろし、グリーン周りはバンカーがガードしています。そして目前には崖(OBゾーン)。崖に落とさずとも右手・左手とも外し過ぎるとOBゾーン。先ほどまでの無風がうって変わって右前からの逆風に変わります(風向きは筆者の思い込み)。映画Ja◯sのテーマソングが耳に聞こえてきます。手にしたアイアンが竹刀のように(先が細く)見えます。雑念を振り払い「ゆっくり振ろう。ニョー、ロー、メン」と言い聞かせ、イザ!「ニョー、ロー」あぁ、もう打ってしまいました…。11番のOBショックを引きずり、12番ホールも乱れます。前半の預金を解約。またしても筆者の弱さを露呈してしまうインコーススタート3ホールとなってしまいました。

3年ぶり5回目の優勝

 さて、筆者の苦手ホールも優勝者には無関係のようです。久々の本大会優勝者はこれも久々、2017年以来3年ぶり5回目の優勝となるM社田中様。ワイズ杯の優勝回数では歴代3位になりました。

/date/2020/07/16/20golf_2.jpg優勝の田中様(右)とワイズ董事長吉本(左)

 「同伴TOさんのビッグドライブ、TUさんのつぶやき、さらにはY社長の『ダメだ~』を意識せずマイペースでプレーできたことが優勝につながったのではないかと思います。加えてスイングと球筋を改良したドライバーがこの日は発揮できたことですね。やはりゴルフはドライバーですかねぇ。ワイズ杯は5回目の優勝ですが、まだまだ上がいるようなので参加回数を増やし、さらに優勝回数を上積みしたいと考えています」

 田中様、優勝おめでとうございます。さらなる優勝に向け、引き続きご参加のほど、よろしくお願いします!

 次回、第127回大会は7月18日(土)旭陽ゴルフ場(新竹県)、第128回大会は8月15日(土)長庚ゴルフ場(桃園市)での開催です。ワイズニュース読者の皆さま、ご参加してみませんか?参加ご希望の方は、ワイズコンサルティング佐藤(sato@ys-consulting.com)までお問い合わせください。過去の大会情報はこちらでも確認できます。

ワイズ杯ゴルフレポート
https://www.ys-consulting.com.tw/column/l/63/

ワイズ杯ゴルフコンペ
第126回大会 北投国華ゴルフ場
2020年6月20日(土)
天候:晴れ
優勝  M社 田中様 ネット72
準優勝 M社 堤様  ネット76

佐藤豪紀

佐藤豪紀

コンサルタント

大手企業の副総経理を経て、豊富な経験から経営者の気持ちを察するコンサルティングを展開、営業の部門長も務めます。

ワイズ杯ゴルフレポート

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。