第135回大会 祝!松山選手マスターズ優勝!/台湾


コラム 台湾事情 作成日:2021年4月15日

ワイズ杯ゴルフレポート

第135回大会 祝!松山選手マスターズ優勝!/台湾

記事番号:T00095584

 月曜早朝、ビッグニュースが世界を駆け抜けました。皆さまこんにちは。ワイズコンサルティング佐藤でございます。そうです。松山英樹選手があの「ゴルフの祭典」マスターズ・トーナメントで優勝したのです。日本人初、アジア人としても初の優勝です。同じ日本人として大変に誇らしい出来事です。

 本件に関しては多くのジャーナリストがさまざまな角度からコメントをしておりますので、私ごときが物申す立場ではございません。一点だけテレビ中継を見ていた感想です。「トッププロでも3パットをするんだ!」もちろんマスターズ・トーナメントが開催されるオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブのグリーンは「ガラスのグリーン」と呼ばれ、その難易度は世界で1・2と言われており、私が普段ラウンドしている台湾のゴルフ場とは比べるべくもありません。さすがはトッププロ、3パットをしても冷静さを保ち、次のコースに向かいます。この(見た目の)冷静さは学ばなければいけません。感情を抑えきれずパターを壊してしまわないように…。

 さて今回報告させていただく第135回大会は桃園ゴルフ場(桃園市)にて15名の参加での開催でございました。

ついにスイング改造に着手?

 本コラムではしばしば「アプローチが大切!」「3パット撲滅」などと小技系の課題を取り上げてまいりました。決して小技を克服できたわけではないのですが、筆者ついにドライバースイングの改造に踏み切る決意を固めました。

 筆者のドライバーでの球筋はスライス~フェード系です。平均飛距離は恐らく200~210ヤード。ここ数年、飛距離よりも安定性を重視しており、徐々にではありますが、安定感は増してきたように感じておりました。球筋はスライス~フェード系ですので、自然と構えは左サイドに身体を向けています。

 今年の始め頃でしょうか、スライスせずそのまま左に抜けてしまう弾道が目立ち始めたのです。「何かがおかしい?」とは感じましたが「今日はそんな日」程度に考えていました。

 ある日、練習場でYouTube(ユーチューブ)先生が話されていた「ドローボールの打ち方」的なスイングを遊び半分で試していると、ドローボールとは言いませんが、なぜかスライス~フェード系の球筋がほぼ出てこなくなりました。「あれ?最近のミスショットのような球筋だぞ?」

 ここ数回のラウンドではこの新スイングを試し始めています。この後、どうなっていくのでしょう?結果はいずれ本コーナーで報告をさせていただきます。ちなみにスコアの変化は全くございません><

桃園ゴルフ場 東9番ホール

 桃園ゴルフ場といえば東の1番700ヤード越えパー6が名物ホールですね。打てども打てどもグリーンははるかかなた。気が滅入ります。

 さて今回紹介させていただきたいホールは同じ東コースでも9番パー4のミドルホールです。距離は280ヤード。「ん?わざわざ取り上げるホール?」とお思いでしょうが、実はこのホール、コース真ん中に池が横たわる曲者コースなのです。

/date/2021/04/15/20golf_2.jpg桃園東9番ホール 2打目地点

 筆者は刻みから2打目で池越えを狙いますので、ティーショットは140~150ヤードしか打ちません。ドライバーショットですと270ヤードは必要になります。距離に自信のある方やストレス過多の方はドライバーを手にチャレンジします。

 筆者なりの攻略法は池越えの2打目です。罠は池だけではありません。グリーン奥は崖。奥から手前側に向かって強い下り傾斜になっています。第2打、池を越えるために心理的にスイングが大きくなってのグリーンオーバーは禁物です。ピンポジションが奥目なら、グリーン奥から寄せるのは至難の業。寄せ1でのパーは諦めざるを得ません。

 この日の筆者、奥目のピンに対して手前から…意図に反してトップ目に入ったボールはグリーン奥に溢れていきます。「ボギーで良し」といたしました。ご異論がおありかもしれませんが、あくまでも筆者の個人的な攻略法でございますので、その旨ご容赦ください。

参加3回目で初優勝!

 今大会優勝はT社、泰地様です。喜びの初優勝コメントをご紹介させていただきます。

/date/2021/04/15/20golf2_2.jpg優勝の泰地様(左)とワイズ董事長の吉本(右)

「3回目の参加で、まさか優勝できるとは思ってもいませんでした。スコアや順位を気にせず、同伴者の皆さんと楽しくラウンドさせていただいたことが良かったと思います。

 普段は、大きく曲げて林の中から2打目ということがあるのですが、今回は、木に当たってもフェアウェイに戻ってくるラッキーが何度かありました。スタートホールで大たたきして心が折れそうだったのですが、幸運にも恵まれたと思います。

 実は、今年ドライバーを新調し、その効果も多少あったと思います。名前は付いていませんので、名前募集中です。(のぞみちゃん以外でお願いします!第131回大会参照https://www.ys-consulting.com.tw/column/93746.html

 今回、優勝することができましたが、スコアはまだまだですので、今後も精進して行きたいと思います。」

 泰地様おめでとうございました。皆さま、ドライバーへの命名をお願いします。

 次回、第136回大会は4月17日(土)八里ゴルフ場(新北市林口区)での開催です。第137回大会は5月15日(土)長庚ゴルフ場(桃園市)での開催です。ワイズニュース読者の皆さま、是非ともご参加してみませんか?参加ご希望の方は、ワイズコンサルティング佐藤(sato@ys-consulting.com)までお問い合わせください。過去の大会情報はこちらでも確認できます。

ワイズ杯ゴルフレポート
https://www.ys-consulting.com.tw/column/l/63

ワイズ杯ゴルフコンペ
第135回大会 桃園ゴルフ場
2021年3月20日(土)
天候 晴
優勝  T社 泰地様 ネット76
準優勝 Y社 菅原様 ネット78

佐藤豪紀

佐藤豪紀

コンサルタント

大手企業の副総経理を経て、豊富な経験から経営者の気持ちを察するコンサルティングを展開、営業の部門長も務めます。

ワイズ杯ゴルフレポート

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。