第8回 癒やしの魅力


2013年10月22日  コラム 台湾事情 その他

第8回 癒やしの魅力

記事番号:T00046524

  皆さんは「黄色」というとどんなイメージを頭に思い浮かべますか?元気いっぱいに咲いてるヒマワリ?甘くてみずみずしいマンゴー?それとも街を疾走する迫力の台湾タクシーでしょうか?

癒やしの象徴、ラバーダック

 今、台湾を代表する「黄色」と言えば、20日に高雄港での展示が終わったばかりのラバーダックでしょう。展示されていた1カ月間、約400万人が見に訪れました。今週末に桃園県内のため池に登場し、その後基隆港と巡回します。


丸っこいデザインにも癒されます

 ドイツの文豪ゲーテは『色彩論』の中で、黄色は最も光に近い色で、人の心を解放する効果があると指摘しています。そう、人々はラバーダックに無意識のうちに「癒やし」を求めているのです。高さ18メートルの黄色の巨大でかわいいダックはまさに「癒やし」の象徴です。

 時間に追われ、ゆったりとした生活とは無縁の現代人は、常にストレスに満ちています。大人は仕事や家族のことでいらいらし、子供は進学や思春期のことで悩んでいます。

 人々は不安な気持ちを癒やすため、さまざまな方法を編みだしました。ヒーリングミュージックを聴いたり、癒やし系俳優のドラマを見たり、マッサージを受けたり、植物を植えることもそうですね。若者の間では癒やし系グッズを集める人も少なくありません。台北市の西門町や東区商圏にあるファッション雑貨の店や夜市(ナイトマーケット)の小店で、そうした癒やし系グッズがよく見つかります。ネットショップでも癒やしコーナーが設けられ、注目を集めています。ちなみに、以前紹介した「キノコの栽培キット」も癒やしグッズの人気商品ですよ。

グッズが人気

 コンビニエンスストアで買い物をして、ポイントシールを集めると景品と交換できることはよく知られています。最近は期間限定の人気キャラクターの景品と交換できるものが多いですね。昨年全家便利商店(台湾ファミリーマート)で話題となったラインのキャラクターや、セブン−イレブンのリラックマのマグカップとのポイント交換も超人気殺到でした。ちなみに先週16日、セブン−イレブンが「季節の変わり目の癒やしフェア」を開催し、日本の人気キャラクター「センチメンタルサーカス」の景品をリリースしました。


さまざまな癒しグッズ類

 ポイントを集めている人に聞いてみると、男性でも女性でも、大人でも子供でも、理由はただ一つ、「本当にかわいかった」。グッズのかわいさに癒やされたいということです。

 ストレスがたまっているかもしれない皆さん。ちょっとした小物を集めてみて、癒やされてはいかがですか?

段婉婷

段婉婷

コンサルタント

中国文化大学日本語学科卒業。2009年・日本へ一年間の交換留学。2010年にワイズコンサルティンググループに入社。ISMSプロジェクトの経験を経て、現在はリサーチ部門に所属。

段子の台湾トレンド情報

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。