第38回 トムと呼んで!


コラム 台湾事情 作成日:2014年8月26日

台湾人研究所

第38回 トムと呼んで!

記事番号:T00052320

 「初めまして。私は張と申します。トムと呼んでください。トム・クルーズのトムです」というように、英語の名前を使っている台湾人が社内にいませんか?日系企業には多くないかもしれませんが、台湾企業(欧米系企業はもちろん)で働いている台湾人はハーフでもないのに、英語名を使っている人が多いです。

まずは名前から

 「どうして英語の名前を使っているんですか?」と台湾人に聞いてみると、「学生時代に先生に付けられた」という回答が多いです。台湾では英語教育が重視されており、双語幼稚園(英語教育を導入している幼稚園)に入園する子どもも少なくありません。現在は基本的に小学校から大学まで英語の授業が週2〜6時間あります。会話の練習のために、まずは英語名を付けるところから始めます。この際、先生が生徒の性格などを考えて名付け親になります。熱心な女の子にはEmily(エミリー)、勇敢な男の子にはAndrew(アンドリュー)といった感じです。好きな芸能人から付けることもありますし、最近ではシャネルやティファニーなどブランド名を英語名として使っている人も増えています。

ニックネーム感覚

 もちろん両親が英語名を付けることもあります。中国語の読み方に発音が近い英語名を付けることが多く、「佩綺(pei4qi2)」はPeggy(ペギー)といった具合です。覚えやすく印象に残りますよね。ニックネームのようで親近感が湧きませんか?

男性はピーター・女性はエミー

 オンライン英語学習システムのTutorABCが職場で使われる英語名について調査を行ったところ、男性で多かった名前は順に▽Peter(ピーター)、32%▽David(デービッド)、23%▽Roger(ロジャー)、12%──、女性は▽Amy(エミー)、50%▽Eva(エヴァ)、12%▽Vivian(ビビアン)、10%——と続きました。

 なお▽イケメンが多い、Eric(エリック)▽美人が多い、Ivy(アイビー)▽面白い人が多い、Jack(ジャック)——という面白い結果も出ました。同僚にも当てはまりますか?

 最後に台湾人の英語名が簡単に分かる方法をお教えします。それは「メールアドレス」です。日本人はメールアドレスのアカウントを設定する時は自分の名前をローマ字にすることが多いですよね。台湾人の場合、英語名を使う人が多いです。台湾人は日頃から本名より英語名を使っている比率が高いかもしれませんね。

 ちなみに、私の英語名は「Ann(アン)」です。学生時代に先生に付けてもらいましたが、中国語名を一部使っただけですね。 

ワイズリサーチ 高 莉安

台湾人研究所

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。