コラム

記事番号:T00078253
2018年7月20日15:49

 パソコンのマザーボードに隙間なくびっしり並んでいるのが、抵抗器、コンデンサーなどの受動部品。電子製品メーカーに欠かせない、いわば料理人にとっての塩のようなものです。受動部品の台湾最大手、国巨(ヤゲオ)董事長の陳泰銘氏は1956年生まれ。30歳を前にした85年、台湾阻抗という会社を設立し、89年に兄の陳木元氏の会社と合併し、誕生したのがヤゲオです。

/date/2018/07/20/20keiei_2.jpg陳氏は「先見の明がある」と言われています(中央社)

 当時の年間売上高はわずか2,400万台湾元でしたが、2017年には売上高が322億5,800万元(約1,200億円)に拡大、純利益は66億5,600万元と前年比68%増加しました。今や、チップ抵抗器は世界市場シェア首位、積層セラミックコンデンサー(MLCC)世界3位です。

先見の明と決断力

 ヤゲオがここまで成長した理由の一つは、陳氏の思い切ったM&A(合併・買収)です。ヤゲオは94年以降、台湾や海外の企業11社を買収しました。最も注目されたのが、赤字だった蘭フィリップスの受動部品部門を00年5月に180億元で買収したことです。当時は笑い者になりましたが、欧米の大企業を顧客にでき、陳氏の決断は正しかったと、今では誰もが認めています。

 最近では18年5月、米国同業のパルスエレクトロニクスを買収すると発表しました。パルスエレクトロニクスは、インテル、アップル、華為技術(ファーウェイ)やテスラモーターズ、メルセデス・ベンツ、ゼネラル・モーターズ(GM)などの大企業を顧客に擁しており、この買収は、第5世代移動通信規格(5G)や車載用などが視野にあるとみられています。

4度の値上げに成功

 ヤゲオが近年、急成長したのは、4度もの値上げに成功したためです。16年下半期より日本の受動部品大手メーカーが単価の高い車載用MLCCなどに注力し、ロー~ミドルエンドMLCCの生産を縮小する中、陳氏は増産を決断しました。すると翌年には、スマートフォンやノートPCメーカーから受注が続々と舞い込み、MLCCが供給不足に陥りました。その結果、4度もの値上げに成功、業績が爆発的に成長したのです。

 

「人を動かし、目標実現に導くリーダーの育成」
台湾人向け監督者研修
講師:ワイズコンサルティング 顧問 荘建中

【台北9月26日、10月18日開講】▶ https://www.ys-consulting.com.tw/seminar/72164.html
【台中9月28日開講】▶ https://www.ys-consulting.com.tw/seminar/72163.html
【高雄9月27日開講】▶ https://www.ys-consulting.com.tw/seminar/72162.html

荘建中

荘建中

シニアコンサルタント

難しい事をわかりやすく伝えるプレゼン力はワイズNo.1、毎年セミナーや研修で200回/年を越える講演を行っている。