コラム

記事番号:T00067892
2016年12月8日16:00

 皆さまこんにちは。ワイズコンサルティング、佐藤でございます。今回は11月19日(土)老爺関西ゴルフ場(新竹県関西鎮)で開催した第84回大会を報告させていただきます。このコーナーでも以前よりお伝えしておりますが、12月のワイズ杯コンペは弊社創業20周年を祝した記念大会と位置付けております。開催会場こそ違えど、今大会はまさに前哨戦の様相を呈し、参加者一人一人仕上がり具合を確かめるかのようなプレーぶりでございました。

/date/2016/12/08/20golf1_2.jpg老爺関西ゴルフ場の大きな池

五十肩対策フォームの完成?

 前回「五十肩」について書かせていただきました。ありがたいことに多くの方から、「良い医者を紹介するよ!」「このストレッチ方法で治ったよ」と温かい激励を頂戴いたしました。この場を借りて御礼申し上げます。

 治ったのかといいますと、痛みの具合は相変わらず。日常生活はさておき、大きな変化はゴルフで現れました。肩に痛みを感じた当初は、痛みを怖がりスイングが小さくなってしまっていました。結果は惨憺(さんたん)たるもので、ゴルフ自体を恐ろしいと感じておりました。こんな時はプロからアドバイスでも欲しいと悩んでいたところ、意外にも前回の優勝者、湯澤様のコメントの中にヒントが隠されていました。

 宮里藍プロのプレーぶりを間近で見ていた湯澤様は「円熟したゴルフ。決して距離は追わず、丁寧で堅実なプレーの繰り返し」と称していたのです。「!」目からうろことはこのことです。肩をかばいながらではなく、「距離は追わず、丁寧で堅実な」ゴルフです。具体的にはクラブはやや短めに持ち、肩と腕での上下の円運動をやや小さくしました。同時に腰の円運動を意識して、上半身の負担を軽くするよう心掛けました。

 するとどうでしょう。距離は物足りませんが、方向はほぼ狙い通りに定まります。理論上正しいのか正しくないのかは全く分かりません。間違っていても叱らないでください。仕上げ(グリーン周り)の苦労は相変わらずですが、肩に痛みは出てきません。「これだ!」20周年記念大会の前月にようやく「五十肩対策フォーム」にたどり着きました。

五十肩対策マインドは未完成!

 五十肩対策フォーム(?)が完成しても、1日18ホール続かなければ意味がありません。今大会、前半の8番ホールまで、筆者としては上出来といえるアンダーボギーペース。コンパクトスイングのおかげです。

 前半最後は名物の9番ホール。第2打が池越えとなるミドルホールです。良い当たりをしても筆者の力では第1打目では届きません。そう簡単に池までは届かないと分かっていても、目で見た池の風景が脳の意識を高揚させ、クラブを持つ手に余計な力が加わってきます。打つ前から結果は予想できました。ボールは真っすぐ左方向、コース左サイドに続いている池の中に…。

 「こっちの池かぁ」。沈む気持ちを何とか落ち着かせて後半戦。再度コンパクトスイングを心掛け、ショットも安定感を取り戻してきました。迎えた17番ホール。ここも名物のショートコースです。ティーグラウンドの左先からコースを取り巻くように右奥までが池になっています。距離は160ヤード。クラブ選択で迷ってしまいました。

 「普段なら7番アイアン、今日は距離が出ないから一つ大きめの6番アイアン」「いや、ここは欲張らず確実に」と手にしたのは距離が出ない8番アイアン。「短めのクラブで確実に」との考えでしたが、たかが5つの歩の間に欲が出てしまい、「短めのクラブで思い切りよく」と変化してしまいました。もう戻れません。不必要なアドレナリンが体内を満たし、結果を気にして目は既にグリーンを見ています。クラブはボール最上部をかすり、力ないままボールは左前方の池に。「あぁまた池だぁ。」

 私の場合、スイングだけではなく、気持ちにも「五十肩対策マインド」が必要なようです。12月の記念大会までに完成するでしょうか?

老爺関西、優勝はやはりあの方です

 日頃よりゴルフ上手のR社笹谷様。特に老爺関西での大会では優勝確率が非常に高く、まさに「ホームグラウンド」。その笹谷様より喜びのコメントが届いております。

/date/2016/12/08/20golf2_2.jpg優勝の笹谷様(左)と弊社董事長の吉本(右)

 「11月のワイズ杯で優勝できましたこと、大変うれしく思います。今は80を切るのが夢であります。今回の86も、同伴者と楽しくプレーをさせていただいた結果であるのは言うまでもありません。それと、実はもう一つ。約20年ぶりに会社の先輩が来台。ゴルフ上手の先輩に『お土産は何がいい?』と言われたので即『ゴルフで80を切れるかを教えてくれるもの』と回答。すかさず『笹谷、これ読んだら絶対70台のスコアを出せる。必ず読むように』と1冊の本を手渡されました。

 その本は永田玄氏著作の『ゴルフに深く悩んだあなたが最後に読むスウィングの5カ条 完全版』。ワイズ杯の前日に渡され、ほろ酔い状態での全ページの速読はさすがに無理でしたが、睡眠不足を覚悟しつつ約100ページを速読。すぐに早朝プレーを開始。そして結果は86。全ページ読み終わっていたら70台に突入できたかも!

 なんていつもながらの甘い気持ちでいますが、どうなるかは乞うご期待。それとも読み終わったら頭の中がぐちゃぐちゃになり、スコアもぼろぼろになるかも。その時は笑ってください。今は12月のワイズ創立20周年記念ゴルフ大会の豪華賞品ゲットを目指し、頑張るぞー」

 笹谷様、コメントをありがとうございます。70台が出た際には、是非その本をお貸しください!

 今後のワイズ杯スケジュールをご案内させていただきます。いよいよ次回第85回大会は12月17日(土)。弊社の創業20周年記念大会です。お申し込みをありがとうございました。既に満員御礼でございます。年明け1月は21日(土)長庚ゴルフクラブ(桃園市亀山区)での開催が決まっております。ご参加ご希望の方はワイズコンサルティング佐藤(sato@ys-consulting.com)までお問い合わせください。

ワイズ杯ゴルフコンペ 第84回大会
2016年11月17日(土)
老爺関西ゴルフ場  天候 快晴

優勝  R社 笹谷様  ネット78
準優勝 T社 東海様  ネット80

佐藤豪紀

佐藤豪紀

コンサルタント

大手企業の副総経理を経て、豊富な経験から経営者の気持ちを察するコンサルティングを展開、営業の部門長も務めます。