コラム

記事番号:T00084775
2019年7月23日15:58

<登場人物>
ワイズシステム総経理 宇都宮武則

本コラムの筆者です。

台湾S電工 山田新一総経理
1978年千葉県生まれ、上場企業S電工の営業企画課長から2018年に台湾S電工の総経理として初めて海外駐在。好奇心旺盛で何にでも興味を持つが長続きしないらしい。2児のパパ、趣味は車で家族旅行。

営業支援パックの検討

 台湾S電工の会議室で、山田総経理と営業部の李経理が何やら話し合っています。

 台湾S電工では今年に入り、営業パーソンが5人ほど入れ替わり、ベテランの陽組長も辞めてしまいました。これまでの顧客との商談や、製品購入に至るまでの経緯などを知っているメンバーがいなくなり、しかも営業活動の情報もほとんど残されておらず、困っています。

 そこで山田総経理が思い出したのが、先日サイボウズの「kintone(キントーン)」のセミナーで紹介された「営業支援パック」という営業管理向けのアプリでした。今後こうした事態が起こらないよう、2人でセミナー資料を検討していたところ。山田総経理が「やはり実際にアプリを見てみないと、よく理解できないな」とつぶやくと、李経理は深くうなずきました。

/date/2019/07/23/20A_2.jpgお薦めのアプリ一覧

 場所は変わり、居酒屋「ふじこ」。山田総経理が4杯目の生ビールを片手に、宇都宮にいきさつを話しています。

宇都宮「つまりは『営業支援パック』を見てみたいということですね」

山田「そうなんです。私と李経理に説明してもらえませんか」

 食事を終えたところで、女将(おかみ)さんがサービスの甘味を出してくれました。「高雄市左営産のハスの実と、屏東県万丹産のアズキで作ったぜんざいです。砂糖の代わりに甘蔗(サトウキビ)を使っているのですよ」。

 左営産のハスといえば、高雄市の観光スポット「龍虎塔(龍と虎の塔)」は皆さんもきっとご存じでしょう。この龍虎塔がある蓮池潭という湖には、その名の通りハスが水面に広がっています。行き方は、台湾高速鉄路(高鉄)左営駅西口から徒歩約10分で、湖の北端の孔子廟(こうしびょう)に到着。孔子廟からさらに歩いて20分ほどで、南端に位置する龍虎塔にたどり着きます。

 ぜんざいでおなかも心も満たされたところで、山田総経理と後日の訪問を約束し、帰途に就きました。

アレンジ可の顧客管理アプリ

 kintoneには、ダウンロードすれば無料で使えるアプリのパッケージがそろっています。そのままでも使えますが、自社用に自由にアレンジできます。

 営業支援パックはその一つで、「顧客管理アプリ」「活動履歴アプリ」「案件管理アプリ」の3つから構成されています。

/date/2019/07/23/20B_2.jpg顧客管理アプリ

 山田総経理と李経理にそれぞれのアプリの画面を見せながら、宇都宮が説明しています。

宇都宮「顧客管理アプリは顧客情報を一元管理するためのもので、いわば顧客マスタです。商談中の案件や商談の内容を見ることができます。登録する項目は…」と、表示画面から入力画面に切り替え、登録できる項目を説明しました。

山田「足りない項目は、自由に追加できるのですね」

 山田総経理と李経理は説明を聞きながら、導入後に何ができるのか思い描いているようでした。

【kintone無料お試しのお申し込み】
メールに「kintone無料お試し希望」とご記入の上、お送りください。
t-utsunomiya@ys-consulting.com

宇都宮武則

宇都宮武則

コンサルタント

ITベンダーにてプロジェクトマネージャとして50社以上のシステム構築に携わり、IT企業の副総経理の経験もあります。 得意分野は、ITと流通・物流システムです。