第20回 営業支援パック、コメント機能で楽々コミュニケーション


2019年8月13日  コラム 経営

第20回 営業支援パック、コメント機能で楽々コミュニケーション

記事番号:T00085179

<登場人物>
ワイズシステム総経理 宇都宮武則

本コラムの筆者です。

台湾S電工 山田新一総経理
1978年千葉県生まれ、上場企業S電工の営業企画課長から2018年に台湾S電工の総経理として初めての海外駐在。好奇心旺盛で何にでも興味を持つが長続きしないらしい。2児のパパ、趣味は車で家族旅行。

 台湾S電工の山田総経理と営業部の李経理は、早速サイボウズの「kintone(キントーン)」の既製アプリ「営業支援パック」を導入して利用を開始しました。

 居酒屋「ふじこ」の一番奥のテーブルで、それぞれのパソコンを開いて何やら操作している山田総経理と宇都宮。山田総経理は生ビールと茶豆(枝豆の一種)を交互に口に運んでいます。

 台湾の枝豆は主に中部の彰化県、雲林県、嘉義県、南部の屏東県や高雄市で合計6万トンほどが生産されています。そのうち実に8割が日本へと輸出されており、日本の輸入生鮮枝豆のほぼ全てが台湾産なのです。台湾産枝豆は味や品質面で良い評価を受けています。

女将「お料理は何がよろしいかしら?」

 今日のお料理は女将(おかみ)さんに見繕ってもらうことにしました。

 PCで操作しているのは「営業支援パック」です。

山田「なるほどですね。この『コメント欄』はそのように使うのですか。便利な機能ですね」

 操作しているのはアプリの入力画面の右側に付いている「コメント欄」です。

/date/2019/08/13/000_20A_2.jpg図A コメント欄

宇都宮「コメント欄を使えば、見ている画面に関してのやり取りが関係者と行えます。例えば今、ある案件に関する活動履歴を見ています。次回の訪問時に私も同行させてほしいというコメントを送ってみましょう。コメント欄の宛先に山田総経理を指定して、用件を書いて……、はい送信」とコメントを送りました。

/date/2019/08/13/000_20B_2.jpg図B ある案件の活動履歴

山田「どれどれ?コメントが届きました。今度は私から返信します」

宇都宮「コメントが届くとポータル画面の『通知』にも表示されますので、見逃すことがありません」

山田「日本語でコメントを書いたら、李経理には中国語に翻訳されて届くといいのですけど」冗談交じりに言いました。

/date/2019/08/13/000_20C_2.jpg図C コメントのやり取り

 お料理が運ばれてきました。蒸しナスと油菜のおかかあえです。

女将「ナスのつけだれにショウガじょうゆ、からしじょうゆをご用意しました」

山田「台湾のナスって、すごく長いですよね」

 山田総経理は生ビールをお代わり。今度は生ビールとナスが交互に口に運ばれ始めました。

山田「コメント欄は、どのアプリにも付いている機能ですか?」

宇都宮「はい、そうです。このようにコミュニケーションが取れるのもkintoneの特徴の一つです」

山田「これを使って営業担当と技術担当の連携が良くなるといいなあ」

 高雄市美濃区の地鶏を使った焼き鳥の盛り合わせが運ばれてきました。ビールと料理を前にして、山田総経理の頭脳はもう戸締まりをし始めたので、私たちはそろそろPCをしまうことにしました。

【kintone無料お試しのお申し込み】
「kintone無料お試し希望」とご記入の上、お申し込みください。
チャットワーク: https://www.chatwork.com/ys-utsunomiya
メールアドレス: t-utsunomiya@ys-consulting.com

宇都宮武則

宇都宮武則

コンサルタント

ITベンダーにてプロジェクトマネージャとして50社以上のシステム構築に携わりました。ITに関わるお悩み事を幅広くサポートいたします。ワイズシステム総経理。

経営者が自分で作る簡単データベース

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。