コラム

記事番号:T00049420
2014年3月27日15:52

 本来は第4話で終わりの予定でしたが「その後が知りたい」とのご要望が多かったので、追加で第5話を執筆しました。

●前回までのあらすじ

 同い年で営業の天才、国吉氏と営業の愚才、吉本は20年ぶりに再会した。前職で営業の師弟関係だったが、17年前にお互いコンサルティングファームを起業し、現在までのお互いの状況を報告し合い、台湾で一緒にセミナーを行うことになった。

↓前回までの内容はコチラ

 第1話 営業の天才登場
 第2話 営業の愚才の起業
 第3話 営業の天才の起業
 第4話 愚才からのお願い

●セミナー講演

 20年振りの再会から3カ月後…

ここは、台北市内のセミナー会場、50人を越える参加者の中「営業の天才と愚才の営業力強化セミナー」が始まった。

 いつも思うことですが、弊社主催のオープンセミナーは参加者のノリが悪いのが特徴です(皆さまゴメンナサイ!
<(_ _)>)。他のセミナーと比べても皆静かで、反応が薄く、話し手が一番苦労するセミナーなのです。

 その難しいセミナーにテキストもプレゼン資料もなしで国吉氏は挑みました。(その代わり参加者には国吉氏の著書を贈呈)。

 講演が始まりしばらくすると、参加者の皆さまが国吉ワールドに引き込まれていくのが外から見てても分かりました。終了時には拍手喝采、終了後は名刺交換を求める長蛇の列ができました。アンケートによるお客さまの満足度は96%(ちなみに私の講演部分は80%)と弊社セミナーの最高記録を打ち立てたほどでした。(国吉氏のセミナー内容はコチラで一部ご覧いただけます)

●全社会議の参加

 私も国吉氏も一番楽しみにしていたのが、わが社の全社会議です。わが社の会議は隔週で土曜日に開催していますが、この会議は18年間成長を続けるノウハウの塊だからです。

 午前中の業績報告などが終わり、午後からは営業部門のメンバーに国吉氏との「営業Q&A」と「ロールプレーイング」を用意しました。

 時々隅で見ていたのですが、楽しく、実践的なアドバイスが続きます。「20年前と変わらず、今すぐ営業に行きたくさせる指導」だと感じました。たぶん指導を受けている営業担当者たちも同じだろうと思います。なぜなら、会議が終わるころには皆の目が(♥_♥)になっていたのですから…

●台湾一うまいすし屋で

吉本:大将、今日は師匠を連れて来たから、特別うまいの頼むね。

大将:準備しております。 d(^_^0)

吉本:今回は本当にありがとうございました。

国吉:いや〜、今回は久々に楽しかったよ。

吉本:わが社はどうでした?

国吉:業績づくりの仕組みは素晴らしかったよ。

吉本:わが社では国吉さんのような天才営業マンがいなくとも成長が続く仕組みを構築しています。

国吉:そんな感じだな。

吉本:すし屋に例えるなら、国吉さんはここのおすしです。個人技で他ではできないおすしを出しています。それに対してわが社は回転ずしを目指しています。どちらが成長するかはお分かりですよね?

国吉:コンサルティング業界の回転ずしか…

吉本:回転ずしは大量に魚を仕入れますので、格別おいしい部位もあります。それを私や国吉さんが、格別においしいすしを食べたいお客さんに握ればよいのではないですか?

国吉:よ〜し分かった、一緒にやろう!

・・・・・・・(ピー)・・・・・・・
(この後の会話は社外秘です;^_^A)

●愚才の反省

 今回の国吉氏の来台は営業面だけではなく、創業経営者として、コンサルタントとして、そして男としても学ぶ面が多くありました。

①情熱の違い
 クライアント、お客さま、社員、その他全ての人に対して、常に全力で接し、全く力を抜くところがない。自分の努力不足を反省し、情熱が人の心を動かすことを改めて思い知りました。

②情報収集努力
 国吉氏は最初に会ったときから変わらず情報収集を怠っていません。若いころから「本を月間30冊以上」「新聞を毎日5紙以上」「経済週刊誌を毎週3誌以上」読み続けています。若いころは私もやっていましたが、経営者として忙しくなった今でも続けているのには頭が下がります。

③発想力
 私はアイデアの豊富さには自信があったのですが、国吉氏は私を上回るアイデアの豊富さだったのには驚きました。

④魅力
 なんと言ってもカッコイイ。20年前、私が痩せていたころでもかなわないと思っていましたが、現在は人間力や経験も加わってさらにパワーアップしています。服装は常にしわ1つないスーツでビシッと決めているし、体も鍛え上げています。49才で体脂肪率5.5%はイチローよりもすごい。今回の来台でも毎晩午前さまにも関わらず、ランニングや筋トレは欠かしていませんでした。(新聞も読んでるし、一体いつ寝ているんだろう?@_@)

⑤まとめ
 起業して18年間「人の3倍以上働く」をテーマに努力してきたつもりでしたが、国吉氏との差は思ったほど縮まっていませんでした。

 本当の天才とはその分野においてセンスがあるだけではなく、人一倍努力していてもそれを他人に見せない人のことを言うのでしょう。

 天才に離されないよう、少なくても努力の量だけでも天才並みにしようと思います。(同じにするのはムリですが…;^_^A)

営業の天才と愚才の物語(完) 

●あの感動を、もう一度…

大絶賛!『営業力強化セミナー』DVD 試視聴版はコチラ(会員限定)

吉本康志

吉本康志

Executive Consultant

日本の大手コンサルティングファームの駐在員として台湾駐在、1996年11月にワイズコンサルティングを設立。経営者としてコンサルタントとして男としてもまだまだ成長中。