コラム

  ●新退職金制度が経営に及ぼす影響 2005年は経営に大きく影響を与える法規の施行は二つありました。 一つ目は「移転価格税制」で、二つ目が「労退新制」です。 今回は二つ目の「労退 ……
●新制度への移行措置 新制度への移行措置を説明する前に、新旧退職金制度にはどのような違いがあるかを把握する必要があります。 別紙の図(*旧制度と新制度の比較)は新旧制度の違いを比較し ……
「労退新制の対応策」として、法的対応についてご紹介致します。 ●労退新制の対応策1 法的対応 労退新制が2005年7月1日から始まりましたが、皆様の企業では準備は如何でしょうか? ……
●労退新制の対応策2 人件費増加への対応策 労退新制の施行により企業側は人件費が増加する事になります。 普通に導入すれば、過去に労働基準法の退職金規程による積立てをしていた企業で最 ……
● 人事労務政策を巧くおこなう秘訣 弊社では経営コンサルティングサービスを提供していますが、その範囲はおおよそ、経営関係課題、マーケティング関係課題、人事労務課題と3つの課題に分類出来ます ……
● 人事労務に関連する法律問題1 ペーパーカンパニーでない限り、どの様な会社でも「人」が関係してきます。 例え社長一人だけの会社であっても「人」に関する法律問題があります。 こ ……
● 人事労務に関連する法律問題2 労働関係法規の中心となる法律は「労動基準法」です。(労働の「動」は台湾の場合、「働」ではなくて「動」になる…中国語には「働」という漢字はない) 労動 ……
● 人材育成1 在台日本人経営者の皆様から「わが社の台湾人社員の業務レベルは低い」「わが社の台湾人幹部は幹部としてのスキルが不足している」等の嘆きをよくお聴き致します。 これは台湾人 ……
● 人材育成2(40~50代幹部の苦悩) 現在40~50代の台湾人の人達には以下の傾向があります。 1. 貧しさを経験している人達が多く、忍耐力がある。 2. 大卒以上の学 ……
<事例5 前回のつづき> (前回のあらすじ)B社は創業40年の台湾企業であり、創業者の周氏は裸一貫から創業し、現在では500人の従業員を雇用する会社となっていた。高齢の為、後継者問題で悩ん ……
1 to 10 of 20.