第38回 山田総経理の初めてのパソコン


コラム 経営 作成日:2019年12月17日

経営者が自分で作る簡単データベース

第38回 山田総経理の初めてのパソコン

記事番号:T00087460

<登場人物>
ワイズシステム総経理 宇都宮武則

本コラムの筆者です。

台湾S電工 山田新一総経理
1978年千葉県生まれ、上場企業S電工の営業企画課長から2018年に台湾S電工の総経理として初めての海外駐在。好奇心旺盛で何にでも興味を持つが長続きしないらしい。2児のパパ、趣味は車で家族旅行。

 居酒屋「ふじこ」の一番奥のテーブルに座る山田総経理と宇都宮。山田総経理の2杯目の生ビールが底をつく頃…。

 山田総経理は、ホワイトボードに大きく書かれた「今月のお薦め カニ 毎日産地直送です(^o^)」を見ながら、女将(おかみ)さんに向かって「生のお代わりと、ホワイトボードの『カニづくし』ください」と叫びます。女将さんの返事と、大将がうなずくのが確認できます。

宇都宮「世界的に見ても、台湾のカニの種類の豊富さは群を抜いています」

山田「でも、カニはあまり食べる機会がありません」

宇都宮「ポピュラーなのは、宴会でよく出される『紅蟳米糕』ですかね。もち米おこわの上に、内子を蓄えたワタリガニをのせて蒸籠(せいろ)で蒸した料理です」

山田「海鮮料理店の生け簀(いけす)をのぞくと、生きたカニがワサワサいるのを見掛けますね」

宇都宮「今は旬なので、新北市の野柳方面の海岸沿いの道路には、道端に茹(ゆ)でガニのお店がたくさん出ていますよ」

山田「良いことを聞きました。週末、家族で行ってみます」

 そこに女将さんが来て「今日は4種類のカニを食べ比べてみてくださいね」と。4種類のカニとは、タイワンガザミ(花市蟹)、シマイシガニ(花蟹)、ジャノメガザミ(三点蟹)、トウヨウイシガニ(石蟳)です。大将は、カニを蒸籠で蒸し始めていました。

/date/2019/12/17/38_2.jpgタイワンガザミ(左)とジャノメガザミ(右)

山田「カニってうまいけど、食べづらいよね…」と眉を細めます。

女将「大丈夫ですよ。ちゃんと食べやすくしてお出ししますから」

 すると山田総経理の口元が緩みました。

PCの普及要因

 2人は情報技術(IT)の話を続けます。

宇都宮「大型コンピューターに代わってパソコンが急激に普及した理由には、80年代に日本語ワープロソフトや表計算ソフトが登場したこと、90年代になりインターネットが普及したこと…」

 宇都宮は、熱燗(あつかん)のお代わりを注文すると話を続けます。

宇都宮「…その他に、もう一つ大きな要因がありました」

山田「もう一つの大きな要因ですか?」

宇都宮「はい。それは、それまでメーカー独自だったPCの規格が統一されたことです。基本ソフト(OS)の世界では、マイクロソフト(MS)のウィンドウズがシェアを広げ、独自OS路線を行くマッキントッシュとの、二大OS時代となりました」

 お代わりの熱燗が運ばれてきます。

宇都宮「並行してMSは、大型コンピューターの機能をPCに代替させるサーバー用のウィンドウズOSを発表しました。大型コンピューターの役割は、PCサーバーに取って代わられていきました」

1人1台時代へ

宇都宮「山田さんが就職した頃はどうでしたか?」

 山田総経理は、少しの間過去を思い出しながら「実は私、就職して始めてPCに触ったのです。私が就職した00年頃は、オフィスにはデスクトップPCはありましたが、会計や秘書といった事務職、設計などの技術職が使っていたと記憶しています。ですが数年のうちに、1人1台ノートPCが支給されるようになりました」

宇都宮「日本初のノートPC、東芝のダイナブックが発表され話題を呼んだのは、89年でした。ノートPCの出荷台数は、00年にはデスクトップPCを上回りました」

山田「私は当時、営業部でしたので、ノートPCに電子カタログやらの営業資料を詰めては客先を訪問して、誇らしげにノートPCを使って説明したことを思い出しました」

 4種類のほぐされたカニの身が盛られた食べ比べセットが2皿運ばれてきます。女将さんがカニの名前を説明してくれました。

山田「おお、見事にみんな赤くなってうまそうですな」

宇都宮「こちらの内子は見事ですよ」

山田「こりゃうまい、ビールが進みます」

 そういうと4杯目の生ビールを注文したのでした。

【kintone無料お試しのお申し込み】
「kintone無料お試し希望」とご記入の上、お申し込みください。

チャットワーク: https://www.chatwork.com/ys-utsunomiya
メールアドレス: t-utsunomiya@ys-consulting.com

宇都宮武則

宇都宮武則

コンサルタント

ITベンダーにてプロジェクトマネージャとして50社以上のシステム構築に携わりました。ITに関わるお悩み事を幅広くサポートいたします。ワイズシステム総経理。

経営者が自分で作る簡単データベース

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。