第102回 業務を学びながら楽しくアプリ作り(3)/台湾


コラム 経営 作成日:2021年4月6日

経営者が自分で作る簡単データベース

第102回 業務を学びながら楽しくアプリ作り(3)/台湾

記事番号:T00095403

<登場人物>
ワイズシステム副総経理 宇都宮武則

本コラムの筆者です。

台湾S電工 山田新一総経理
1978年千葉県生まれ、上場企業S電工の営業企画課長から2018年に台湾S電工の総経理として初めての海外駐在。2児のパパ、趣味は車で家族旅行。

 業務効率化のお手伝いを致します。すぐに導入できて成果の上がる各種ソリューション(例:営業管理、人事労務管理、販売管理、在庫管理ほか)をご用意しております。

部材在庫をアプリで管理

 台湾S電工の会議室で、今日も山田総経理と管理部の劉さんが高雄の協力会社A社との間で保守業務を管理するための業務アプリ作りをしています。

 今日は、部材マスタと在庫管理、入出庫の三つのアプリを作成します。

 「部材マスタ」はA社へ預けている保守用部材の基本情報です。

 「在庫管理」は預けている部材の在庫数を管理します。

 「入出庫」は預けている部材の入出庫を記録します。

 山田総経理は先週末に宇都宮と作成したアプリのレイアウトをモニターに映し出しました。

 アプリ作成に先立って在庫管理の運用方法について劉さんに説明を始めました。

山田:A社が保守で使う部材を、その都度わが社から輸送するのは効率が悪いです。そこで部材を一定量預けておきますので、その部材の在庫数を管理します。

 今度は、運用のイメージ図を映しました。(図A)

/date/2021/04/06/102A_2.jpg図A 部材の在庫管理の流れ

山田:わが社から輸送した部材がA社に到着して部材置き場へ保管されたら在庫数を増やします。これを「入庫」といいます。

 劉さんは時々相づちを打ちながらパソコンでメモを取っています。

山田:その後、部材は部材置き場から保守スタッフに必要数が渡されます。保守スタッフは専用ケースに入れて部材を持ち運んでいます。この時点では部材はまだ消費されていません。ここまで大丈夫ですか?

劉:はい、大丈夫です。

山田:部材は保守の作業現場で使われて初めて消費されます。この時点で在庫数を減らすことにします。これを「出庫」ということにします。

劉:「入庫」は部材置き場に保管されたとき、「出庫」は作業現場で消費されたとき、ということですね。

 山田総経理は劉さんが理解してくれたので安心しました。

山田:今日は劉さんに三つともアプリ作成をお願いします。

劉:はい、お任せください。実は次にどんなアプリを作るか、毎回楽しみなのです。

山田:一つめの部材マスタアプリは、わが社で今使っている製品管理アプリをコピーして少し手を加えれば出来上がります。必要な項目は、部材コード、部材名、説明です。そしてここに、最小在庫数(補充点)を付け加えます。

劉:最小在庫数とは何ですか?

山田:最小在庫数とは、協力会社のA社さんが更新する都度の在庫数を常に私たちの担当者が見ているわけにはいきません。かといって在庫が無くなってから部材を送るのでは間に合いません。

劉:そうですね。

山田:そこで、在庫が最小在庫数より少なくなったときに担当者へアラートを発するためのものです。担当者はこのアラートを参考にしてA社へ部材を送る準備をします。後ほど、そのような仕掛けも在庫アプリに設定しましょう。

劉:部材マスタから在庫数も見えるようにしますか?

山田:はいそうします。それは後ほど、在庫管理アプリが出来てから部材マスタへ在庫情報を表示するように改造しましょう。

劉:分かりました。作り始めます。

 サイボウズのkintone(キントーン)の特長の一つは、新たなアプリをつくるときには既存のアプリをコピーしたり、「kintoneアプリストア」から類似のアプリをダウンロードして使えるところです。

 部材マスタアプリが出来ました。(図B)

/date/2021/04/06/102B_2.jpg図B 完成した部材マスタアプリ

山田:簡単過ぎましたね。続いて在庫管理と入出庫のアプリを作ります。

劉:はい。

 山田総経理はニコニコ顔で尋ねました「ここで質問です。どちらのアプリから作ると効率的でしょうか?」

 劉さんは一瞬だけ考えると答えました「入出庫が先です」

山田:なぜかな?

劉:在庫数は入出庫数から計算されますので、在庫管理アプリには入出庫の情報が必要となります。

山田:正解です!

劉:やったあー!

 二人は和やかにアプリ作りを進めてゆきます。

 

【kintone無料お試し】
「kintone無料お試し希望」とご記入の上、お申し込みください。
チャットワーク:https://www.chatwork.com/ys-utsunomiya
メールアドレス:t-utsunomiya@ys-consulting.com

ほしい業務アプリが自分で作れます!
プログラミング無しで好きなアプリが自作できる業務用データベース
9,500社が使うkintone(キントーン)とは?
https://www.ys-consulting.com.tw/service/it/kintone.html

宇都宮武則

宇都宮武則

コンサルタント

ITベンダーにてプロジェクトマネージャとして50社以上のシステム構築に携わりました。ITに関わるお悩み事を幅広くサポートいたします。ワイズシステム副総経理。

経営者が自分で作る簡単データベース

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。