第15回 LINEスタンプも登場、「弯弯ブーム」


コラム 台湾事情 2014年6月10日

段子の台湾トレンド情報

第15回 LINEスタンプも登場、「弯弯ブーム」

記事番号:T00050813

 人気チャットアプリ「LINE」の有料スタンプに昨年末、台湾のイラストレーター、弯弯(ワンワン、ウァンウァン)のイラストが加わり、今年4月には世界共通で販売されることになりました。いずれも台湾のイラストレーター初の快挙です。


弯弯のLINEスタンプは60台湾元(約200円)

もともとは人気ブロガー

 美術系高校出身の弯弯は2004年、台湾発祥で最も古いSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)として知られる「無名小站」のブロクでイラスト作品を掲載し始めました。おまんじゅうみたいな真ん丸いキャラクターを使って、自分の就職や仕事、通勤、旅行、家族との会話などを楽しく描いたものです。ブログはすぐに大学生、サラリーパーソンやOLの息抜きの場となり、予想以上の反響を得、多くの出版社の注目を集めました。

 翌年、初の漫画本『出勤しなくていいですか?』を出版しました。カバーの下には『会社大好き、毎日出勤してもいいですか?』という偽の表紙も作りました。このユニークなアイデアは、読者がオフィスの机の上に置いても、ボスに怒られないようにするためです。

 同書は10万部以上売れ、中国、韓国、タイで版権が売れたことから、台湾出版界の奇跡と言われています。弯弯は同年、書店大手、金石堂の「今年の話題の人」に選ばれました。その後、年に1〜3冊のペースで漫画本を出版、2014年3月までで出版作品は17冊に上りました。ちなみに、テレビ広告や女優として映画にも出演しています!

プロに転身

 弯弯には今や企業からの依頼が殺到しています。全家便利商店(台湾ファミリーマート)は、弯弯のキャラクターをマグネットにして景品にしました。旅行会社からは旅行漫画を依頼され、弯弯はパラオに取材旅行に行く機会を得ました。弯弯の漫画をテーマにしたCDも出版されました。


ファミリーマートの景品

 当初は仕事の合間に作品を描いていましたが、依頼が数多く舞い込んだため、現在は会社を辞めて、プロのイラストレーターとして活動しています。

 弯弯は、こうした突然の人気を天からの贈り物と考え、「ブームもいつか去るでしょう」と話しています。

プライベートでも注目

 弯弯は先月17日、10年間付き合った恋人と結婚しました。ですが、新婚1カ月足らずで本人の不倫が発覚、蘋果日報の1面に掲載されるなどメディアに大きく取り上げられ、別の意味でも注目されてしまいました。

 そんな弯弯ですが、ブログから始まった「弯弯ブーム」は10年たった今も健在。プライベートでどんなことが起ころうと、今後も作品は人気を集め続け、台湾のイラスト界をリードしていくことでしょう。 

段婉婷

段婉婷

コンサルタント

中国文化大学日本語学科卒業。2009年・日本へ一年間の交換留学。2010年にワイズコンサルティンググループに入社。ISMSプロジェクトの経験を経て、現在はリサーチ部門に所属。

段子の台湾トレンド情報

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。