台湾での起業成功法(その2)


コラム 経営 台湾事情 作成日:2006年8月28日

台湾経営マニュアル 起業成功法

台湾での起業成功法(その2)

記事番号:T00000056


● 「創業の適齢は何歳?」

留学生で台湾に来て、20代で起業する人から、駐在員で来ていて定年退職になり60代で起業する人と、台湾で起業する日本人の年齢には幅があります。

今回は、幾つかの起業をお手伝いした中で私なりに感じている「創業の適齢」について紹介致します。

若い創業が有利な要素として「行動力」「熱意」「時間」等があります。

逆に、年齢を重ねての創業が有利な要素としては「経験」「人脈」「資金力」等が考えられます。

また、30~40代は、両方をある程度のレベルで兼ねそろえています。

さて、起業するのなら、どの年齢が良いのでしょうか?

結論から言うと「創業するのなら、若ければ若いほど有利」と言えます。

著名な成功した創業経営者の多くは20~30代で起業しています。

年齢が上の方には厳しい言い方かもしれませんがが、知り合いの創業経営者の中で、50歳以上で創業して成功した(している)人はほとんどいないのに対し、若くして起業した人には、ある程度成功している人は数多くいらっしゃいます。

どうしてこうなるかのキーワードは「時間」にあると私は考えます。

私の経験的感覚では「会社員の5年間は、独立の1年間」に等しく感じます。

これは会社員が怠けているという意味ではなく、自分で会社を経営すると真剣度の「深さ」が全く違うということです。

私の場合では、わかり易い例の一つが中国語です。

会社員時代でも一般会話の話す・聴くはある程度出来ましたが、ビジネスレベルにはほど遠い状況でした。

それが起業して半年後には、全く勉強していないにも関わらず、自然と中国語でセミナーを行える程になったのです。

要は起業すると、意識しているいないに関わらず、常に「火事場の馬鹿力」が求められているので、色々な面においての成長が格段に早くなるのです。

つまり、「準備をしっかりしてから」と思っているより、起業してしまった方が早く準備が整うということです。

「時間」のもう一つの意味は、リタイヤまでの期間があげられます。

これは、下の事例を参考にして下さい。

● 事例2:「60歳までに、1億円の資産を持つ」

Bさんは台湾に駐在員として派遣されていた。

30歳の時、会社が台湾市場から撤退となり、これを機会に今までの経験を生かし、起業することにした。

その頃、日本の上司(50歳)に「お互い60歳までに、1億円の資産を持つ事を目標に、一緒にやろう」と共同経営を誘われた。

Bさんは悩んだが、「あと30年頑張って資産がたった1億円では独立した意味がない」と考え、丁重にお断りした。

上司も結局独立したが、高収入を維持しなければならないのと、60までには10年間しか無いので、以前働いていた会社のビジネスモデルから抜け出せなかった。

Bさんは、「60歳までに10億円の資産を持つ」を目標に、以前働いていた会社の関連ビジネスでありながら、新しいビジネスモデルの創造を模索していた。

当然、最初の収入は0に等しかったが、上司の様なビジネスを行っても30年後まで続くとは思えなかったのである。

…10年後、上司は大きな借金を作り、倒産寸前であるのに対し、Bさんは試行錯誤の結果、なんとか新しいビジネスモデルを確立することが出来た。

今後Bさんはこのビジネスモデルを積極的に拡大するつもりである…

●セルフチェック2「貴方(創業者)の年齢は40前ですか?」

 
ワイズコンサルティング 吉本康志

台湾経営マニュアル起業成功法

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。