第20回  MRTと折り畳み自転車ブーム


コラム 台湾事情 作成日:2008年3月14日

陳小姐的台湾トレンド情報  台湾トレンド

第20回  MRTと折り畳み自転車ブーム

記事番号:T00006090


 最近、自転車を買おうとしている知人が何人もいます。安くて乗りやすい折り畳み自転車はどこで売っているのかと聞かれて、「高雄に行ってみれば?」と答えました。

高品質車が有名メーカーの半額

 高雄初の都市交通システム(MRT)が、今月9日開通し、1カ月間は無料開放していることもあって、初日から大勢の市民が各駅に押し掛けました。そんな中で、自転車を持参する人も少なくありませんでした。

 実は、高雄市捷運工程局は通勤者のMRT利用を促進するため、駅構内で3,499台湾元(約1万1,450円)の折り畳み自転車を売っています。そして、その自転車が人気を呼んでいて、2日間で800台が売り切れてしまったそうです。

 台湾は世界有数の自転車の開発・製造拠点で、有名な大手自転車メーカーも数社あります。それらのメーカーが販売している折り畳み自転車は、大体7,000~1万5,000元くらいです。今回、高雄市捷運局が業者と提携して製造・販売した自転車は、市場に出回っている安い「MADE IN CHINA」の
ものとは違って、品質も折り紙付きの「MADE IN TAIWAN」の自転車で、しかも通常の約半額ですので、「売れ筋が良いのも当然」と言えるでしょう。

T000060901

MRTを利用して高雄をサイクリングするのもいいかも。高雄市工務局では、ホームページでお薦めコースを紹介しています(中央社) http://pwbgis.kcg.gov.tw/bicycle/


良いことずくめの自転車移動

 原油価格が高騰している現在、ガソリン代を節約したいという人が増えてきました。そのため、自動車での通勤をやめて公共交通機関を利用する人が多くなっているそうです。また、台湾では家から駅までの距離が近くてもバイクで移動する人が多かったのですが、最近の短距離移動は自転車の方が人気のようです。自転車を利用すればお金はかからないし、環境にやさしいし、運動にもなって良いことずくめ、というわけです。

 そして、普通の自転車よりも、携帯できる折り畳み型の自転車が人気となっています。収納しやすく、MRTや車に乗る時でも、折り畳めば簡単に持って行けますし、使わないときは折り畳んで会社や自分の家の中に置いておけば、盗まれる心配もなくなります。

 私は家からMRTの駅までバイクで移動していますが、自転車にかわいく乗る女性を見るといつも、「私も自転車で行こうかな」と考えてしまいます。でも、夏に自転車に乗るときの大変さと、盗まれたときの悔しさを思えば、「かわいい女性になりたい」という気持ちも消えてしまいます。こうして、折り畳み自転車を買わない私は、今もバイク利用のままでございます。


ワイズコンサルティング 陳逸如

陳小姐的台湾トレンド情報 台湾トレンド

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。