台湾10年間の移り変わり(生活編2)


2006年8月28日  コラム 台湾事情

台湾10年間の移り変わり(生活編2)

記事番号:T00000118


● 女性の変化

その国や地域の状況を短かい時間で把握するには、街を歩いている女性を観察するに
限ります。

お断りしておりますが、決して趣味ではなくコンサルタントとして消費力や消費行動
を把握する為の観察です。

そこで今回は10年前と現在の台湾人女性の変化についてご紹介してゆきます。

● 容姿関連

私の好みはさておき、一般的に一言で言うと、台湾(台北?)の女性は「綺麗になった」
と言えます。

どの様に変わったかと言いますと、

1.髪の毛がきれいになった?

10年前はロングにしていた人が多かったですが、現在ではショートにしている人が増え
てきています。

色も黒髪だったのが、今では多くの女性が茶髪にしています。

また髪質にも気を使う様になってきています。

以上が髪の毛がきれいに(美しく)なったところですが、違う意味できれいになった
のは、「毎日髪を洗う人が増えた」ところです。

以前はロングヘアーの端を鼻のところに持ってきてクンクンと臭いを嗅いでいる女性
をよく見かけましたが、最近は中国に行かなければ見かけなくなりました。

2.ファッション

一番大きな違いは男性にとっては寂しい事なのですが、10年前はミニスカートの女性
が多かったのが、最近はほとんどの女性がパンツルックになってしまった事です。

台湾に駐在したての頃道を歩いていると、素晴らしく足のきれいな女性を見かけ
たことがありました。

この女性はロングヘアーで、当時は珍しかったスーツを着こなしていましたので、
「是非一度お顔を拝ませて頂きたい」と思い、彼女を追い越して、信号でなにげ
なく振り向いてみたところ…

な、な、なんと、ゴジラの様な顔をした50~60歳位の女性だったのです。

急に日射病になったのかと思うほどのめまいに襲われ、倒れそうになった当時の
状況を今でも鮮明に覚えています。

台湾に来た当時は、「なぜ台湾の女性は体型の凹凸が少なく、足の綺麗な人が多
いのだろう」と考えていました。

・ 日本と違い性生活が乱れていないので、ホルモンの分泌が少ない
・ 食生活が貧しく、栄養が行き渡らない
・ 遺伝

の3つの仮説を立てましたが、10年後の今考えるとどうやら、2番目の仮説が正
解だったようです。

先日も家内(ショートヘアー)と家内の妹(ショートヘアー)、義理の母(ロン
グヘアー)の3人が私と義理の父の前を歩いていた時の事です。

義理の父が突然「俺の老婆(奥さんの意味)の後ろ姿が一番美人に見えるだろ」
と私に自慢していましたが、まさしくその通りでした。

ロングヘアー、ミニスカートで足の綺麗な後ろ美人にはお気をつけ下さい…
 
ワイズコンサルティング 吉本康志

台湾経営マニュアル台湾駐在員編

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。