第151回 喬山健康科技集団 羅光廷総経理


コラム 台湾事情 2019年2月22日

台湾流経営策略 台湾の名経営者

第151回 喬山健康科技集団 羅光廷総経理

記事番号:T00082128

 フィットネス器材メーカー、喬山健康科技(ジョンソンヘルステック)は1975年、ダンベル製造の従業員3人の工場からスタートし、フィットネスマシンの自社ブランド立ち上げに成功。2018年の連結売上高は218億台湾元(約780億円)と、世界2位に成長しました。現在は海外に販売子会社26社、直営店325店、従業員6,300人を擁し、60余りの国・地域で販売しています。

/date/2019/02/22/20keiei3_2.jpg台湾では59店の直営店を展開。消費者は店舗でフィットネスマシンを試してから購入できます(YSN)

自社ブランド販路を開拓

 総経理の羅光廷氏はグループの2代目で、自社ブランド開拓を進めたキーパーソンです。

 ジョンソンは96年、米自転車大手のトレック・バイシクルからフィットネス器材部門を10万米ドルで買収。同社初の自社ブランド「Vision(ヴィジョン)」として、6万~12万元の中価格帯の家庭用フィットネスマシンを売り出しました。

 当時、マーケティング副総経理だった羅氏は、海外で代理店を探し回った結果、米国のフィットネス器材専門店での販売に成功しました。

 99年には、低価格ブランド「Horizon(ホライズン)」を立ち上げ、スポーツ用品の量販店で販売。一般消費者にも知られるようになりました。

新事業で赤字も

 羅氏は家庭用ブランドでの成功後、台湾で販売店「JOHNSON(ジョンソン)」の設置と、業務用最高級ブランドの開発に取り組みました。業務用ブランドは、スポーツジムや五つ星ホテル、高級住宅など向けで、価格帯は12万~30万元です。

 いずれも高額な初期投資が必要となったことから、09年に1株当たり純損益(EPS)がマイナス0.34元の赤字に転落したこともありました。

 しかし、翌年には景気が上向き、黒字を回復しました。

 また、日本のマッサージチェア最大手、フジ医療器と提携し、日本製マッサージチェアの代理販売を12年に開始。日本に研究開発(R&D)拠点を設置した他、歌手の張恵妹(アーメイ)や台湾語歌謡界のスター、江蕙を宣伝に起用しました。

父の経営理念を踏襲

 羅氏は創業者の父、崑泉氏から「管理しなければ規律は正されない、規律正しくなければ効率は上がらない、効率が上がらなければすぐに倒産する」との座右の銘を受け継ぎました。

 ジョンソンの従業員は、「連絡簿」と呼ばれる日誌で、1日のタスクと達成度の管理を行っています。また、カジュアルデーの金曜日を除き、制服着用、ワイシャツは必ずズボンの中に入れる、上着を椅子の背もたれに掛けないなど、厳しい規則の下で、総経理である羅氏から一般の従業員まで、崑泉氏の経営方針を守っています。

 光廷氏はこの他、2週間ごとに子会社の業績を発表、月ごとに売上高や利益、在庫、顧客サービスを含む目標達成度の競争をさせ、半年ごとに表彰制度を実施するなど、従業員の士気を高めています。

 また、半年に一度は自ら子会社を訪れます。光廷氏は「誰かが突然職場訪問しても、恥ずかしい思いをしないようにしている」と狙いを説明しています。

 

人を動かし、目標達成に導くリーダーの育成
台湾人マネジャー向け 監督者研修
講師:ワイズコンサルティング 高級顧問 荘建中

台北(4月30日開講):https://www.ys-consulting.com.tw/seminar/79507.html
台中(3月25日開講):https://www.ys-consulting.com.tw/seminar/79506.html
高雄(3月29日開講):https://www.ys-consulting.com.tw/seminar/79534.html

荘建中

荘建中

シニアコンサルタント

難しい事をわかりやすく伝えるプレゼン力はワイズNo.1、毎年セミナーや研修で200回/年を越える講演を行っている。

台湾流経営策略台湾の名経営者

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。