第174回 アドバンテック董事長 劉克振氏/台湾


コラム 台湾事情 作成日:2021年1月22日

台湾流経営策略 台湾の名経営者

第174回 アドバンテック董事長 劉克振氏/台湾

記事番号:T00094354

 産業用コンピューター(IPC)世界最大手、研華(アドバンテック)は、産業用モノのインターネット(IIoT)ソリューションでも世界首位。創業者の劉克振董事長は1954年に生まれ、当時台湾で最大の外資系企業だったHPで業務エンジニアの経験を経て、83年に同社を創業しました。創業以来、董事長と執行長を兼任し、同社を率いてきました。

 劉氏は創業当初、宏碁(エイサー)などPCブランドが血みどろの戦いを繰り広げる中、IPCにターゲットを絞り、「IPCの分野で金メダルを獲ろう」と誓いました。夢はかない、2003年、IPCの世界最大手となりました。同年、年間売上高が100億台湾元(約370億円)に達し、20年の売上高は511億400万元で前年に次ぐ過去2番目の高水準でした。

IBMがコーチ、HPが師匠

 アドバンテックは06年、IBMのコンサルティングを受け、▽マネジメントの強化▽成長する組織の構築▽グローバル経営の健全化▽長期的戦略の策定と実行▽売上高倍増──を目標とした5カ年計画をスタートしました。

 劉氏は、スポーツ選手にコーチが必要なように、企業も外部のメンターが必要で、変革や革新が長期的成長の原動力になると考えました。

 一方、劉氏は、初めて会う人には必ず「HP出身です」と自己紹介するほどHP出身を誇りにしています。組織の理念はHPを倣い、人を重視。自社の従業員に、劉董事長ではなく、ファーストネームの克振と呼ばせるのもHP流で、アドバンテックの企業文化でもあります。

スポーツと読書

 劉氏は、従業員の心身の健康のため、社内に美満人生倶楽部(ABLE Club)を設置しました。毎年さまざまな大型イベントの他に、会社支給のスポーツ用リストバンドを付けて5人1組で参加する1日1万歩競争を開催しています。景品目当てに、同僚同士が励まし合い、昼食時は競って階段を使用し、エレベーターの利用者が減るほど。退勤時には「きょう1万歩歩いた?」があいさつ代わりだとか。

 若い頃から読書好きだった劉氏は、毎月書店に出向いて書籍を購入し、経営課題を見つけ出し、学んでいます。劉氏の経営のバイブルは、ジム・コリンズ著の『ビジョナリー・カンパニー(Good to Great)』。その中のヘッジホッグ(ハリネズミ)理論から、劉氏は成功する企業に必要な理念は「何に情熱があるか」「何が他社より優れているか」「どうやって成長するか」の3つでできていると悟りました。

 劉氏はアドバンテックの将来について、AIoT(人工知能+モノのインターネット)プラットフォームの先駆者として、サリム・イスマイルら著の『飛躍する方法』の指数関数型組織(新技術などを活用して飛躍的に成長する組織)を目指しています。

 

人を動かし、目標達成に導くリーダーの育成
台湾人マネジャー向け 監督者研修
講 師:ワイズコンサルティング 高級顧問 荘建中

21年1月、3月 開講
台北 https://www.ys-consulting.com.tw/seminar/92120.html
台中 https://www.ys-consulting.com.tw/seminar/92124.html
高雄 https://www.ys-consulting.com.tw/seminar/92125.html

荘建中

荘建中

シニアコンサルタント

難しい事をわかりやすく伝えるプレゼン力はワイズNo.1、毎年セミナーや研修で200回/年を越える講演を行っている。

台湾流経営策略台湾の名経営者

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。