第179回 メディアテック董事長 蔡明介氏/台湾


コラム 台湾事情 作成日:2021年6月18日

台湾流経営策略 台湾の名経営者

第179回 メディアテック董事長 蔡明介氏/台湾

記事番号:T00096779

 IC設計最大手、聯発科技(メディアテック)は、第5世代移動通信(5G)対応スマートフォン用チップ「天璣(Dimensity)」シリーズがけん引し、2020年の連結売上高が前年比30.8%増の3,221億台湾元(約1兆2,800億円)となりました。米ドル換算で100億米ドルを初めて突破したことを記念し、董事長の蔡明介(ミンカイ・ツァイ)氏は、傘下企業を含む従業員1万7,000人に、1人当たり10万元の特別ボーナスを支給しました。

年収は業界首位

 IC設計業で勝負の決め手となるのは、知力です。優秀な人材を採用できるかが、成功するための大前提となります。そのため蔡氏は、従業員のニーズを満たすことに特に心を砕いています。

 メディアテックでは、従業員の意向を尊重し、技術革新を求めたい人材には、研究開発(R&D)以外の雑務を極力させません。幅広い交友を好む人材には、営業をさせます。

 また、上司は残業を強制しませんが、残業したければ、残業できます。台湾のハイテク企業では珍しく、いわゆる責任制(裁量労働制)を導入しておらず、残業時間に応じて残業手当を支給しているようです。年収は平均270万元と、IC設計業の首位です。

 21年第1四半期の純利益は257億7,700万元、1株当たり純利益(EPS)は16.21元と、過去最高を更新しました。IC設計業では世界4位、半導体業全体では世界8位に浮上しました。

米国で技術習得

 蔡氏は1950年に生まれ、屏東県の農家で育ちました。台湾大学電機系を卒業後、米国に渡り修士号を取得しました。

 修士号取得後の76年、工業技術研究院(工研院、ITRI)が米家電メーカー、RCAと、半導体技術移転契約を締結しました。選抜者をRCAに派遣し、当時最新の半導体技術を学ばせ、台湾に技術移転する計画が持ち上がりました。

 計画を知った蔡氏は、面接のためニューヨークに飛んでいき、見事合格しました。工研院電子センターの米国派遣の第1期生19人の1人に選ばれました。

 RCA派遣後、台湾に戻ってからの7年間は工研院電子センターでIC製品の開発を担当しました。

 その後、台湾初の半導体メーカー、聯華電子(UMC)に入社し、IC設計の研究開発(R&D)チームを立ち上げました。米国から技術移転を受けたり、工研院と提携したりしながら、UMCのIC設計部門の実力を付けていきました。

メディアテック誕生

 95年、UMCはファウンドリーに転換し、IC設計部門はスピンオフ(分離・独立)することになりました。そのうちの1社が、蔡氏が率いるメディアテックで、97年に設立されました。

 蔡氏は強いリーダーというよりは、策略に富んだ知識人タイプで、周りの意見によく耳を傾けます。決断を下す前には、思い込みを捨て、論理的に思考を重ねます。意思決定は速くありませんが、間違えることはほぼありません。

 メディアテックは2001年、携帯電話のチップへの参入を決定しました。インフィニオン・テクノロジーズやテキサス・インスツルメンツ(TI)など欧米の大手と渡り合うため、蔡氏は04年、2.5Gのマルチメディア携帯電話ベースバンドチップセットの提供を開始しました。このチップセットさえあれば携帯電話が生産できるターンキーモデルで、2年で中国の携帯電話用チップ市場で最大手となりました。中国の山寨機(さんさいき、ノーブランド製品)時代に当たり、メディアテックは世界のIC設計業の売上高10位に成長しました。

低迷期でも人材投資

 10~13年になると、山寨機のターンキーモデルによる成長が頭打ちと感じるようになりました。そこで、社外から招いた優秀な人材を高いポジションに就け、社内に緊張感と競争心を作り出し、組織活性化を図りました。

 13年、メディアテックはオクタコア(8コア)の3G対応携帯電話用チップを発表し、クアルコムに正面対決を挑みました。メディアテックのチップは、LGエレクトロニクスやボーダフォン、モトローラなどの大手ブランドに採用され、山寨機向けからの脱却に成功しました。14年売上高は2,131億元、純利益は464億元を記録しました。

 4G対応の携帯電話が主流となった15~18年、メディアテックは再び低迷期に陥りました。年間の利益は14年の半分以下にまで落ち込みました。それでも、研究開発の手は緩めず、累計2,200億元を投じました。

 また、世界から一流の人材が集まるよう労働環境を整え、従業員向けの託児所やレジャー施設、ジムを設置するなど、福利厚生を手厚くしました。

 

部下指導力や仕事の段取りと進め方が身に付く
台湾人向け 管理者研修(台中・高雄)
講 師:ワイズコンサルティング 高級顧問 荘建中

台北7月29日開講
https://www.ys-consulting.com.tw/seminar/92131.html

荘建中

荘建中

シニアコンサルタント

難しい事をわかりやすく伝えるプレゼン力はワイズNo.1、毎年セミナーや研修で200回/年を越える講演を行っている。

台湾流経営策略台湾の名経営者

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。