コラム

記事番号:T00000096
2006年8月28日0:00

● トラブル1(遠回り)続き

台中でタクシーに乗ったところ、遠回りをされ、100元で済むところを700元請求された。

運転手と言い合いになり、一緒に警察署へ行き、トラブルは解決した様にみえたが、その帰り道の事だった…

タクシーを捕まえる為に大通りに向かい、暗い道を歩いていると…

突然、何者かに腕を掴まれ、路地裏に引き込まれた。

一瞬何が起こったのかわからず、大声を出すと、口に手を当てられ、ナイフを私の顔の側に突き出し「静かにしろ!」という男が居た。

目が慣れてくると、その男は先ほどのタクシーの運転手であった。

状況を把握しながら、一瞬のうちに色々な事が頭を駆け巡った。

「ホテルにおいてきた日本人は明日どうやってクライアントのところまでゆくのだろう?」「財布に10万元入っているけれど、こんなことなら昨日の夜全部使っておけば良かった」等…

しかし、落ち着いて良く見てみると、ナイフは小さく、これでは余程上手くさされない限り死なないと思った。

相手を見てみるとかすかに震えているので、格闘するか逃げればなんとかなりそうであったが、リスクを負うので一応相手に聞いてみた。

「いくら必要なんだ」と尋ねると相手は「200元」と答えたので、ちょっと拍子抜けしたが、200元ならリスクを負う必要も無いと、即相手に手渡した。

「警察には言うな」と言い残し、彼は走って逃げて行った。

多分、後をつけられていると感じながら、タクシーを拾いホテルで降りると、先ほどの運転手の車が猛スピードで追い越して行った。

やはり警察に行かない様に見張っていたのだろう。

この様に、若い頃、私も何度かタクシーの運転手とトラブルを起こしたのですが、タクシーの運転手は運転シートの下に様々な武器を隠しているので、もめ事を起こさない方が得策です。

● トラブル2(監禁)

もう何年も前の事なので時効だと思うが、日本人の女性3人がディスコに遊びに行った帰り、タクシーの運転手に1ヶ月ほど拉致されたことがあった。

女性は数人であっても、夜はタクシーを利用しない事をお勧めする。

● タクシー利用時の注意点

1. 出来るだけ日本語は話さない。
2. できれば運転手と会話をして、良い関係を作り上げる。
3. サービスの良い運転手を固定して利用する。
4. 頭にくる事があっても我慢する。
5. 汚いタクシーは避ける。(汚いタクシーはサービスが悪い傾向がある)
6. 夜女性が利用しなくてはならない場合は、必ず男性が送ってゆく。
 
ワイズコンサルティング 吉本康志