コンサルタントの起業失敗談(その8)


コラム 経営 台湾事情 作成日:2006年8月28日

台湾経営マニュアル 起業失敗談

コンサルタントの起業失敗談(その8)

記事番号:T00000068


● 経営と麻雀の類似点

最近はもう何年も麻雀をしていないのですが、学生時代は雀荘に入り浸りになっていました(頃もあった?)。

その頃の私の麻雀は「大負けはしないが大勝ちもしない」タイプでした。

大勝ちする友達のやり方を後ろから見ていると、両面待ちができるにも関わらず、あと一枚しかない「間チャン待ち」でリーチを掛けて一発でツモる。

私はいつも「ラッキーな奴」と思っていたが、当時の私には絶対にこのような打ち方はできなかったのです。

どうしてかというと、「確率や理屈を重視していたから」です。

麻雀にツキの流れがあるのは知っていたのですが、どうしてもここ一番という時には「確率や理屈」を優先してしまうのです。

「確率や理屈」を重視している人と「ツキの流れ」を重視している人では後者の方がトータルでは勝つ(ような気がする)が、常勝するには、「確率や理屈とツキの流れ」の両方を身につけなければなりません。

経営も同じで、「理論」を重視する人よりも「ツキの流れ」を重視する人のほうが最初は上手くゆくが、会社を大きくしようと思ったら両方が不可欠なのです。

● 麻雀の教訓

会社が経営危機になっていた頃、友達の経営者(日本人)に誘われて麻雀をすることになった。

手持ちがあまり無かったし、麻雀も何年もしていなかったので気乗りしなかったが、「気分転換に」と強く誘われてやることにした。

麻雀は別の日本人経営者の家で、経営者同士四人ほど集まっておこなった。

その日は何故かとてもツイていて、半チャン四回は全て私が僅差でトップをとっていた。

五回目もオーラスまでトップだったが、友達に振り込み二位になり、その後は二位が続き、最終的にはトータルでも二位に終わってしまった…

帰りのタクシーの中で友達が、「君の麻雀は経営と同じで、理屈しか考えていない」と教えられた。

五回目のオーラスで振り込んだ形は、友達が「6/7/9」と持っていて「6」を手出しで切ったところへ、私がラス牌の「8」を振り込んだのだ。

「君は、今日ツイていた。ツキの流れを変えるために、君の「8」を狙っていたのだよ。あれからツキの流れは変わってしまったのに、君の打ち方はツイている時もツイていない時も変わらない。」

確かにこの友達は忙しい時には何日も徹夜で仕事をしているが、仕事の無い時には海外旅行へ行ったり、毎日ゴルフをしたりメリハリがある生活を送っている。

ツイていない時には気分転換をして、楽しむことにより気分を前向きにし、ツキを引き込んでいるのだった。

今日、強引に麻雀に誘われた理由がやっとわかった…

● 失敗しない為の教訓

「ツキの流れを感じ、ツキを呼び込む方法をとることが大切」
 
ワイズコンサルティング 吉本康志

台湾経営マニュアル起業失敗談

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。