第161回 可成科技董事長 洪水樹氏


コラム 台湾事情 作成日:2019年12月20日

台湾流経営策略 台湾の名経営者

第161回 可成科技董事長 洪水樹氏

記事番号:T00087524

 可成科技(キャッチャー・テクノロジー)は、パソコン、通信機器に使われる金属筐体(きょうたい)の最大手です。世界の3C(コンピューター、通信、家電)製品にマグネシウム合金ダイカスト、アルミニウム合金、亜鉛合金、ステンレススチールやプラスチック部品を提供しています。アップルの重要サプライヤーで、iPhone11にも同社のアルミニウム製筐体が採用されています。2018年の1株当たり純利益(EPS)は36.31台湾元(約132円)で、8年連続で資本金以上の利益を上げました。

医者のキャリアを捨てる

 洪水樹董事長は1984年にキャッチャーを創業した父親を継いだ2代目です。当時はわずか20人の年間売上高が2,000万元に満たない、台南のアルミニウム合金ダイカストの中小企業でした。アルミニウム合金は、ジューサーや扇風機などの家電に使われています。

 当時、台湾は第2次石油ショックの影響を受け、産業構造の調整局面を迎えていました。多くの従来型産業は競争力を失い、キャッチャーも従来型製品を作っていたため、業績が傾き始めていました。

 洪氏は当時、台湾大学医学院を卒業し、長庚医院耳鼻咽喉科の医師になっていましたが、父親の事業の危機を目の当たりにし、医学の道を捨てることを決心。88年に父親から工場経営の仕事を受け継ぎました。

 洪氏は医者を目指した経験から、新しい知識を受け入れ、新しい可能性を試すことに慣れていました。当時、台湾にはマグネシウム合金の技術がなく、教えてくれる人は誰もいなかったため、自ら外国の学術雑誌を読んで研究しました。洪氏は「あの頃は事業がうまくいくのかや資金面での悩みが深く、同業者からは異種業出身の若い後進が成功するとは思われていなかった」と当時を振り返っています。

廃棄物も実験材料

 最初の2年間は赤字でしたが、洪氏は新技術の研究を続けました。技術ゼロからのノウハウ蓄積が最も困難でした。過去の文献を参考に自ら実験設備を設計し、雑貨屋でプラスチック製のおけを購入して実験槽としました。原材料の入手すら困難で、廃棄物処理場で廃棄物を拾ったこともありました。念の下、研究開発(R&D)に力を入れ、2年間をかけてマグネシウム合金ダイカストの開発に成功し、会社を新たな境地に導きます。91年に輸出を開始、96年には宏碁(エイサー)と共にノートPC用マグネシウム合金基盤を開発しました。これは台湾PC業界で初めてのことでした。

3C産業に着目

 洪氏は、高付加価値のマグネシウム合金ダイカストメーカーに会社を押し上げたのみならず、PCメーカーに新たな冷却方法や電磁波干渉の解決方法を提案するなど、台湾PC業界の競争力向上に貢献しました。

 欧米では、マグネシウム合金ダイカスト部品は主に自動車産業で用いられ、ダイカストの厚さは2ミリメートル以上に達していました。一方、キャッチャーは3C産業に着目し、顧客に1ミリ以下の薄型ダイカストを提供しました。また、素早く需要に対応するため、生産周期を圧縮。周辺産業の需要もつかみ、海外メーカーとの競争を勝ち抜いてマグネシウム合金部品の生産能力で世界首位となりました。

業界の覇者に

 11年に株式を上場し、キャッチャーの従業員数は700人に拡大。洪氏は生産の自動化をさらに積極的に推進しました。コンサルタントを導入して組織を立て直し、絶え間なく体質強化に取り組みました。核心技術の向上のために、毎年惜しみなく資金を投じました。これらの努力により、キャッチャーはマグネシウム合金産業において、非常に重要な位置を占めるに至りました。

 洪氏は、台湾マグネシウム合金産業を切り開いた第一人者であり、産業技術の研究開発で台湾最大の工業技術研究院(工研院、ITRI)ですら追い付けないほどです。彼は果敢に人の行かない道を行き、経営不振の中小企業を世界の3C産業マグネシウム合金市場の覇者へと導いたのです。

~●部下指導力 ●仕事の段取りと進め方 ●コミュニケーション能力~
【台北2020年2、3月開講】台湾人向け監督者研修
講師:ワイズコンサルティング 高級顧問 荘建中
2020年2月27日(木)開講
https://www.ys-consulting.com.tw/seminar/85916.html

荘建中

荘建中

シニアコンサルタント

難しい事をわかりやすく伝えるプレゼン力はワイズNo.1、毎年セミナーや研修で200回/年を越える講演を行っている。

台湾流経営策略台湾の名経営者

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。