第163回 宝雅国際総経理 陳宗成氏


コラム 台湾事情 作成日:2020年2月21日

台湾流経営策略 台湾の名経営者

第163回 宝雅国際総経理 陳宗成氏

記事番号:T00088425

 宝雅国際(POYAインターナショナル)は台湾最大手のコスメ用品店です。店舗は台湾各地に計230店、市場シェアは82%に上ります。新規出店を続け、2025年に350店を目指しています。昨年の連結売上高は157億8,800万台湾元(約580億円)、純利益は18億8,600万元で、いずれも過去最高を更新しました。

/date/2020/02/21/20column_2.jpgPOYAは観光客にも人気です(YSN)

 POYAの成長には、陳宗成総経理の情報技術(IT)を活用した経営戦略が大きく貢献しました。

IT出身の総経理

 陳宗成氏は逢甲大学資訊工程学系(情報学部)卒業。POYA創業者で義理の父の陳建造董事長が、陳宗成氏を店長から、中核メンバーに招き入れました。

 陳宗成氏は00年に総経理を引き継ぐと、販売時点情報管理(POS)システムの改善や、サプライヤーとの連携を強化するCPFR(需要予測と在庫補充のための共同作業)の導入などを行い、販売量や在庫量、市場の変化の正確な把握、パソコンでのデータ管理を実現しました。

 02年には周囲の反対を押し切り、株式の上場(上櫃)を果たしました。当時わずか12店舗だったにもかかわらず、上場によって知名度が大きく上がり、外資系企業の人材を獲得できるようになりました。

地方から大量出店

 陳氏は「地方が都市を囲い込む」出店戦略を取りました。まず賃料の安い地方都市に、自社店舗同士の競争も厭(いと)わず出店を進めました。これで他社を阻止し、POYAの市場シェアは急速に上昇しました。

 例えば高雄市岡山区では、車で5分以内の範囲に3店舗がありますが、地方にもかかわらず驚くほどの業績を上げています。そのうちの1店は月20万元の賃料で、月1,200万元以上を売り上げています。

 中南部での出店コストが低いことに加えて、大量出店により価格交渉力が強まり、商品のコストダウンにもつながりました。平均で開店2カ月後には利益が出るため、出店を進めながらも、安定経営ができます。

高利益の靴下などが6割

 POYAは取扱商品が6万種類にも及ぶ一方で、目を引く新商品も絶えず陳列しており、「POYAに行けば、何でも買える」という品ぞろえと独自性が強みです。

 ボディーソープやシャンプーなどの消耗品は他社との競争が激しく、常に値引きのプレッシャーにさらされますが、POYAはヘアアクセサリーや下着、靴下など、粗利益率が30~40%と高い商品が全体の6割近くを占めています。特に靴下は、どの店舗でも多くの種類の商品が陳列されています。

 10年前、POYAの粗利益率は30%足らずでしたが、その後の店舗拡大と商品ラインアップの改善によって、18年には43.79%まで上昇しました。これは、コンビニエンスストア最大手のセブン-イレブンを展開する統一超商(プレジデント・チェーンストア)より10ポイント近く高い数字です。

 POYAは、市場の変化に素早く対応できるのも強みの一つです。近年、日本輸入商品販売の最大手、日薬本舗(ジャパン・メディカル)をはじめ、日本の商品を取り扱うドラッグストアが次々と増える中で、POYAもすぐに日本のスキンケア用品コーナーを設置して対抗しました。

店長に権限委譲

 店長出身の陳氏は、管理職を置かず、100人もの店長と直接やり取りし、その声に耳を傾けています。また、店長に大きな権限を与え、地域に応じた店舗運営を任せています。

 陳氏のITを活用した経営手腕として、仕入れの改善例があります。以前は本社が一括して調達していましたが、地域によって売れ筋が異なり、的確な予測は不可能で、在庫を出していました。そこで、自動発注システムを開発し、過去のデータを分析し、店舗ごとに発注量を助言するようにしました。ビッグデータの先駆者といえるでしょう。

荘建中

荘建中

シニアコンサルタント

難しい事をわかりやすく伝えるプレゼン力はワイズNo.1、毎年セミナーや研修で200回/年を越える講演を行っている。

台湾流経営策略台湾の名経営者

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。