台湾流経営策略


コラム記事検索

フリーワード検索

コラム 経営 台湾事情 作成日:2007年7月23日

台湾流経営策略 台湾の名経営者
第7回 殷キ台湾高速鉄路董事長

   大手不動産開発業者・大陸工程(コンチネンタル・エンジニアリング)の董事長で、台湾高速鉄路の董事長である殷?氏は台湾を代表する女性企業家で、台北101の陳敏薫董事長と並んで女性経営者にとっての憧 …… 続きを読む

コラム 経営 台湾事情 作成日:2007年7月16日

台湾流経営策略 台湾の名経営者
第6回 広達電脳 林百里董事長

   世界最大のノートパソコン設計・ODM(相手先ブランドで設計から製造までを担当)メーカーの広達電脳(クアンタ・コンピュータ)は1988年設立。06年に米フォーチュン誌の「世界トップ企業500社」 …… 続きを読む

コラム 経営 台湾事情 作成日:2007年7月9日

台湾流経営策略 台湾の経営手法
第5回 「最高のコーヒーとケーキを手頃な価格で」Cafe 85度C

   コーヒーとケーキのチェーンショプ、Cafe 85度C(以下、85度C)は昨年、4,600万杯のコーヒーと飲料、ケーキ5,000万個を売り上げ、売上高31億台湾元を記録しました。2004年の開業 …… 続きを読む

コラム 作成日:2007年6月28日

台湾流経営策略 台湾の経営手法
第4回 個人タクシーの経営戦略

 今回は前回までとは趣向を変えて、台湾のタクシーを題材に、厳しい競争に面した際の経営戦略、心構えについてお話します。  大台北地区(台北県市、基隆市を含む)のタクシーは現在6万台に達してい …… 続きを読む

コラム 経営 台湾事情 作成日:2007年6月21日

台湾流経営策略 台湾の名経営者
第3回 女性に大人気のハイテク企業 奇美グループ創業者 許文龍氏  

  「北の台プラ、南の奇美」と称される奇美グループは、2004年に引退した創業者・許文龍氏による、社員重視の独特の経営哲学が受け継がれている。   奇美グループを際立った存在にしているのは、「 …… 続きを読む

コラム 経営 台湾事情 作成日:2007年6月14日

台湾流経営策略 台湾の名経営者
第2回 王品連鎖餐飲集団董事長 戴勝益氏

  「亀毛味」のレストラン王国 王品連鎖餐飲集団 戴勝益董事長  王品台塑牛排(ステーキ)、西堤牛排、創作和風料理の陶板屋、北海道昆布鍋の「聚」など、今や10ブランド70店の台湾最大の飲食 …… 続きを読む

コラム 経営 台湾事情 作成日:2007年6月7日

台湾流経営策略 台湾の名経営者
第1回 郭台銘 鴻海精密工業董事長

 木曜日掲載の「台湾流 経営策略」では、弊社の台湾人コンサルタント・荘建中が、台湾の経営者・企業が事業を成功に導いた事例にスポットを当て、その手法を解説していきます。 「策略」は中国語で日本 …… 続きを読む

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。